• みちの人
  • 【みちのく 物語のふるさと紀行】
    “ひろすけ童話”の原点を訪ねる。
    浜田広介のふるさと・高畠へ。

    「児童文学作家」を名乗ってはいるが、体系的に学んだことは一度もない。講演等で学校を訪ねると、時々子どもたちから「作家になるには?」と質問されるのだが、その度に「本をたくさん読むこと」と答えている。平凡すぎて恥ずかしいが、 […]

  • みちの人
  • 地域に受け継がれてきた、“庶民の酒”が世界へ。
    遠野で造られる、魅惑のどぶろく【後編】

    前編は【こちら】。 熱気あふれる祭り会場を後にした我々は、車に乗り込み、どぶろく製造免許第一号を取得した江川さんの元へ向かうことに。現地の方のアテンドについていくと車はまちを離れ、みるみる山奥へ。 「これ案内してもらわな […]

  • みちの人
  • 市民が中心、楽しむことが中心。
    街の真ん中にPARK(遊び場)をつくろう。
    「せんだいセントラルパーク構想」[プロローグ]

    広瀬川の「川床」に集い、楽しむ人たち。 川面を見つめながら若者たちが話していた。 「せんだいセントラルパーク構想」って何だろう? 広瀬川に初めて生まれた「伊達な川床」 「川を身近に感じる」ことが、街の魅力を広げると思う […]